フリーランスエージェントに、話を聞いてみたら、撃沈した

お盆期間中、ちょっと情報収集しようと思って、フリーランスエージェントに2社登録して、お電話でお話を聞いてみた。ちなみに今、フリーランスに転職する気はないです。

今の自分の状況

コーディングメインのwebの受託制作会社で働き始めて10ヶ月。LPを作ったり、HPを作ったりしてる。使用スキルはHTML、css、jquery、wordpressとか。

このまま実務経験を長く重ねるというよりは、スキルを伸ばした方が良さそう。前からよく言われてたんだけど、プログラミングができる方が、単価がだいぶ上がる。本当に違うなって気がした。で、実務経験よりも、もってるスキルが大事らしい。まぁたしかに。何よりも即戦力が必要だから、その場にいって、できるかどうかが大切。かつ実務経験積んでたら、色んな対応できるから良いんだろうな。

今の状況で転職できる可能性のあるところ

なくもないようだったけど、あまりメリットを感じなかった。今の自分の状況だと、ご案内してもらえる求人の単価が安い。今のスキルだと、単価30万円くらい。フリーランスだと税金や年金を自分で払わないといけないから、支出が多い。だから手元に残る金額が少ない。しかも増税するから個人事業主は、かなりきつくなるとも聞く。この状況だと、厳しい。

フリーランスは安泰しなさそう

案件が長期じゃないから、一生、就活しないといけなさそう。しかも年齢何歳くらいまで、大丈夫ですかって聞いたら、若い方が取られやすいって言ってたから、年取ったとき大変そうだな。飲み込みも悪くなるだろうし。これ聞いて、どっかで一生働く覚悟、そろそろした方が良いかもなって思った。育休って、雇用保険でお金もらえるから、育休制度活用したいし。

お給料もらえる人はもらえる

会社は育てるための資金や場所も考慮にいれてるから、賃金も安くなる。フリーランスは、それがないから収入が多いらしい。技術力ある人はフリーランスの方が、メリット多いだろうな。それだけの能力があるのも事実だろうし。

エージェント経由ではない選択肢

今回、私は、フリーランスの紹介エージェントに聞いたけど、フリーランスの人でも自分で仕事取っている人もいると思う。安定はしないだろうけど、HP作成だと、知り合いのツテで、紹介してもらうことも多そう。実際そういうフリーランスってめっちゃいる気がする。

情報収集の大切さ

改めて情報収集の大切さが分かった。求人見てるだけだったら、自分できるかもって勝手に思ってしまいがちだけど、実際はそうじゃないことも多い。私はセブ島のIT留学終わったあと、海外の会社で就職して、スキル身に付けようと思ってた。でも話聞いてみたら、マネジメントとかSEの仕事が多くて、未経験で制作募集してるところなんて、ほぼなかった。そういう思い違いがあるから、気になったら、情報収集していくことが大切だな。

守りに入ってる

けっこう自分の悪いところだけど、守りに入ってる。どんな状況でも、やってやろうっていう気持ちが欲しい(笑)でも冷静に考えることは大切。転職って、まぁ労力いるし、転職して失敗する可能性もあり得る。転職考えてないけど。この話聞いて、人生迷子になりそうだった(笑)一生、低賃金なのかなって。最近ウェブカツっていうプログラミングスクールが流行ってるみたいだけど、書いてあること、心に響いた。本気で稼ぎたい人の、、、っていう。そういうモチベーションがあった方が頑張れるし。謳い文句に惹かれそう(笑)でも疑問投げかけてる人への論破がすごいなぁ。その自信見習いたい。正直、今でも頑張ればフリーランスにもなれるし、稼げるスキルはあると思う。でも出来ないのは自信と覚悟のなさやな。自己PRほんとないしな。人生それでだいぶ損してる(笑)ほんと、頑張り方わかることって大事。

コメント