あらためて海外に行って思ったことを書いてみる

人との距離が近かった

海外の人って、人との距離が近いなと思う。この前、ベトナムの子と話したけど、ベトナムは、すぐ仲良くなるし、近所付き合いも多いって言ってた。フィリピンとかも、そうだけど、一つの家に、いくつかの親戚が住んでるとか、大人数で住んでることが多い。一人暮らししてる人とか、そんなにいないイメージ。ごはんも何時間かかけて作って、みんなで食べるらしい。今の日本にそういう習慣は、少ないと思う。私とか、ごはん、スマホ触りながら5分で食べるし、料理とかも、そんなにしないし、だいぶ違う生活をしてる。海外周遊して、一番思ったのって、そこかなと思う。私は、海外で、そんな差別されもしなかったし、優しい人が多かった。道端で迷ってそうなときに、声掛けられることも多かった、重いスーツケース持ってたら、階段で持ってくれる人が多かった。日本に一時帰国したときに思ったけど、それがなかった。自分の荷物は自分で持てよって感じだけど、「あっ日本って、ドライだな」って思った。
イギリスのホステルに住んでたときは、けっこう、みんな気を遣って話しかけてくれてた。でも、今それ、自分が出来てない気がして嫌だなと思う。住んでるシェアハウスの子とかに、もっと英語で話した方が良いんだろうなと思う。外国人に関わらずだけど、気遣うの大事だなと思うようになった。人に親切にされたことって、心に残るし。

一人は寂しいということ

けっこう滞在してたから、実質そんな一人の期間は少ないけど、寂しいなと思った。ワクワクの方が大きかったから、ホームシックで帰りたいとは思わなかったけど。電波がつながらなくて、電車の中で一人のときとか、めっちゃ寂しかった(笑)一人嫌いではないけど、双子だし、大家族だからか、寂しいなと思ってしまう。それ故、これまで、自分で決断してなかったことも多かったから、一人旅は良かったなと思うけど。誰かと旅行行ったら、決めないし。とても出会いが多い2年間だったけど、一人の時間もけっこうあった。こんなに映画を見たこともないし、自分で物事を決めることもなかった。ごはんが美味しいとか、景色がきれいとか、誰かと共有するのって、良いなと思った。海外に行って、寂しがり屋になった気がする。

たくさんの人と会うことはいいこと

せまい世界で生きてたら、価値観が偏ってしまうから、色んな人に会うことって大事だと思う。日本でも、とても思う。私は、一つの空間って、きついなと思ってしまう。だからせまい世界で生活するのは、嫌だなと思う。価値観って色々あるし、あるコミュニティでは、これが正しくても、別の場所では、違うことが正しい。それは学生時代から思ってる。でも、その価値観の違いがあると思ったら、冷静に物事が見られるようになるし、だから色んなこと知ることは良いこと。自分も、まだまだ知らないことが多いし、これからも知っていきたい。空間によって自分も変わるし、その立場ごとに人の気持ちが分かるようにもなるから、いろんな人と会いたいな。

働いて、お金を稼げることが幸せ

まぁ貧乏旅だったから、常に節約してた。ヨーロッパは毎日、パンを食べてしのいでた。パンがめちゃくちゃ安いから。今、日本に帰ってきて、そんなに稼いでないけど、自由にお金が使えることが嬉しい。しかも、毎日、仕事もしてないって、けっこう暇っていう。日本に帰ってきて、時間なさすぎて、困ってるけど、多少は働いた方が良いと思った。海外に行くまでも、時間なさすぎて困ってたけど、そう思うと海外にいたときが暇すぎてやばかった。あとメリハリ大事だと思う。ある程度の、強制力とかストレスはあった方が良いんじゃないかと。海外いたときってストレスもそんなないから、反骨心ってない。ある程度、嫌だと思うことも大事だと思う。居心地が良かったら、そこで満足してしまう。すごい仕事が嫌だと思ったら、別の選択肢探そうと思うし。

何もない自分に気づく

自分が無力だと思うこともあった。日本って、ある程度分かると、だいたいこうゆう人っていうバイアスが入る。でも外国人って、自分のこと全く知らない。今でも課題だけど、うまく、それを伝えらるようになりたいな。自分の常識が、周りの常識でもないし、言葉で何かを伝えるって大切。

向かいたい方向に向かうこと

たぶん、なんとなく、同じこと続けるのってよくないと思う。数打てば、当たる的な考え。最近特に思う。迷いみたいな。でも迷う時間って、ほんとに無駄。迷ってる間に行動して、考えた方が良い。で、海外行ってて、楽しかったんだけど、どこかで、この生活をやめたいと思ってた。永久に自分探しみたいな気がしたというか。何回も仕事変えたくなかった。自分の目的もあったし。日常を楽しむのも良いなとは思ってたけど、スキルを身に付けたいとも思ってた。

自分の人生は自分で決める

社会人1、2年目が本当に辛くて、本気で人生変えたくなったから、今ここに至ってる。自分だけじゃなくて、いきなり、がん宣告されてる人を見て、本当に人生なんて、いつ終わるか分からないなって思った。だから自分の好きなことをしたい。それと本気で死にたくないと思うから、本当に自分を変えたいとも思うようになった。仕事ばっかして、ストレスためたくないし。人に伝えたいけど、人生って、そこで終わりじゃないから、今が嫌だったら、他の選択肢もあると思う。しかも一度きりの人生は謳歌した方が良い。死ぬことより怖いことなんてない。

現実をみることの大切さ

小さいころからテレビがあって、物心ついたときから、インターネットがあった。だから、現実じゃない部分に触れることも多かった。テレビ大好きだったし、テレビで放送されることは、理想もあった。でも理想と現実って、違うなと思う。就活も、そう。この会社で華々しく活躍しようとかいうけど、現実って、全然違う。その中で生きていくことが大切だし、現実になれることが大切。やっぱり社会って厳しいこともあるし、それに慣れたもん勝ちなことってある。私世代って、ゆとりだけど、ちょい厳しい環境も知ってると思う。私とか、まぁまぁまじで怒られてきた、今まで。だから委縮する部分もあっただろうし、逆に反骨心みたいなものもあったと思う。でも、その中で、どうしようって思いながら、生活してる。最近、反省力が足りないなと思うけど(笑)なんだかんだ、そこまで変わりきれてないのは、自分を本気で変えたいと思ってないからなんじゃないかと。あと現実世界で生きることが大切だと思ったことは、オーストラリアで、ホームステイしてたとき。そこの家は学校に行かない方針だった。最近そういうの話題になってるけど、私は学校は行った方が良いんじゃないかと思う。世の中のこと知らなくなってしまう。その子たち、公園に行っても、同世代の子に話しかけるわけでもなかったし、だんだん世間が分からなくなる。私は、よくも悪くも、色んなこと教えてもらってきたなと思う。海外行ってると、自由すぎて、怒られることもないから、自分のマナーも悪くなってるなと思ってた。

日本に帰ってきて思うこと

日本に数年いないあいだに、働き方改革がすごいすすんでた。でも本当にもっと自分の好きなことした方が良い。こんな自由な時代なのに。メリットは使わないともったいない。最近それめちゃくちゃ思う。人になんて褒められると思ったら終わりやし、好きなこと探しとか適正とか、真剣に探した方が良い。本当は海外行かずに、東京戻ってこようと思ってたんだよね。東京での華の20代生活も楽しそうだなって。海外行ったことに、全く後悔はないけど。一番は、自分の知らないこと知れたからかな。また仕事に追われてる、今。だから、本気で幸せ探したい。

コメント