未経験でIT業界に就活する際の事情




就活をし始めてから早1ヶ月。色んなことが見えてきた。こうゆうところは受かるとか、受かるためにすることとか。得たことを書いていこうと思う。


客先常駐

未経験可、研修3ヶ月なんてところは、ほぼ客先常駐が多い。というかITは、客先常駐が、かなり多い。プログラミング、WEBデザイン関わらず、両方多い。客先常駐は、そこの会社で働くのではなくて、取引先で働くことになる。だいたいIT系の会社で大きいプロジェクトの一部とか、そういうことをやるらしい。プロジェクトは、数ヶ月から何年かまで色々ある。始めはテストから始めることが多いらしい。それから、プログラミングの一部に関わってといくような感じ。人によるけど。スキルある人は、大きい仕事やるだろうし、スキルない人は大きい仕事はしない。客先常駐は、人間関係とかが面倒とも聞く。お客様先に行くから、肩身が狭いし、けっこう浮くらしい。お客様先だから、あんまり失礼なことも出来ないし。微妙なこともあるけど、他に未経験で雇ってくれるところなんて、あまりない。


未経験可

未経験可の求人って、まぁまぁある。たしかに完全未経験でも雇ってくれるところもあるけど、難しい。実務未経験(仕事としてやったことがない)なら、まだしも、知識もなければ、割と厳しいところはある。プログラミング系は比較的に知識がなくても受かるけどWEBデザインは、受からない。


ポートフォリオ

WEBデザイン系受けるならポートフォリオは絶対。未経験でも大丈夫らしいけど、ちゃんとしたポートフォリオ持ってる人の方が受かるらしい。私は学校で作ったやつ1ページ見せたら、少なすぎると言われた。バナーだったり、HPだったり、何個か作って、はじめて、審査基準って思った方が良いみたい。WEBデザイン系は本当に受かりづらい。数打っても当たらないから、就活するより、とりあえずポートフォリオ作った方が良い。


適性検査

だいたいプログラミングの会社受けるとテストがある。中には、そのテストで給料が決まることもある。会社によって問題は様々。だいたい数学みたいな問題が多い。対策するのは、難しい部分もある。新卒でやるようなWEBテストがある会社もある。それはSPIの数学問題やっといたら、対策できる。あとpaizaっていって、プログラミングのスキルチェックするサイトがある。それを課題で出されてやってみたら、難しかった。標準出力とか知らないと難しい。でもプログラミングの勉強になるから、オススメ。ゲーム感覚で出来る。これでスキル測って、就活が出来るみたい。


ITスクール

ITスクールに通おうと思ったら、かなり費用がかかる。ITスクールにもWEBデザインプログラミング、コーダー、wordpressとか色々ある。やることが全然違うから、どんな感じか調べてからITスクールに通った方が良いと思う。プログラミングは特に向き不向きがある。就職保証付きのプログラミングスクールもある。3ヶ月無料の研修を経てから、就職先を紹介してもらう。ほとんど客先常駐の会社だと思う。これは、途中で辞めると費用かかることがある。だから、安易に決めない方が良い。でも就職してから、3ヶ月の研修があるところも、けっこうある。だから無料のところに行かなくても良いとも思う。


実務経験

IT業界で実務経験は、かなり大事そう。派遣で一年働いて、経験積んで就活というのもあり。でも派遣も、けっこう通りづらい。教育するというより、スキルある人に来てもらう感覚だからな。だから実務未経験は、まだ雇ってもらえるけど、全くの無知って、まぁまぁ厳しい。IT業界に興味あるなら、独学やスクールで、何か作った方が良い。それを見せた方が、かなり有利。逆に言えば、それがないと厳しい。


将来性

IT業界は、すぐ新しいものに変わるから、今習った技術が、ずっと生かせるとは言い難いらしい。どんどん新しい技術を習得しないといけない。それがきついとも言われている。プログラミングのスキル身につけて、海外でビザ取れたら良いななんて考えてたけど、けっこう厳しいらしい。オフショア開発(賃金が安い国に委託)も増えてきてるからか、プログラミングでビザって、厳しいみたい。それと、そのうちプログラミングもなくなるからと言われた。AI元年と言われてる今年。どんどん発展するから、本当にプログラミングがなくなる日も遠くなさそう。実際、HPとかもwordpressで無料で簡単に作れるし、HPを高いお金払って作ってもらう会社って減少しつつあると思う。IT業界がなくなることは、ないし、今後も発展していくだろうから、IT業界に入って間違えはなさそう。最近なくなりそうな仕事ととか、けっこう言われてるし、今安泰でも将来危うい会社とか、けっこうあると思う。


実際、就活してみると、全然知らなかったことが増えてくる。思い描いてたものと現実が違ってくる。だから、事実を知ることって、とても大切。ITの勉強する前に実情を知った方が良いと思う。就活してからだと、時間の無駄。本当は学校にいるうちから、自分て作れるくらいになっておいた方が良い。なんとなく割と受からない(笑)私はプログラミングやデザインが好きで、就職したいですって言うのが理想だと思う。そのためにも、実際、自分がどれだけのものが作れるか証明できるものを用意しておくといい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です