28歳未経験女子がIT就活した結果




最近はもっぱら就活しかしてないので、就活について書こうと思う。世間は転職バブルと言われているらしい。私が新卒で就活したのは2013年入社の代。かなりの就職氷河期ではないかもしれないけど、まぁまぁ悪いと思う。今、就活が良いと言われてるけど、それは新卒に対してというより、どちらかというと転職の方だと思う。氷河期時代の人たちが転職しているのもあるのかもしれない。私も、新卒入社は正直そこまで希望ではなかった。まぁ言い訳のようだけど。でも就活、大変だった。


そして私は今、就活をしている。転職というより、もはや再就職かもしれない。海外に2年間弱行っていて、最近帰ってきた。私は28歳女子。7月中旬に就活を初めて、1ヶ月もたってないけど、まぁまぁな感じ。海外周遊中に、ITを学びたいと思い、セブ島に行った。日本でも、ITスクールが流行っていると思う。フリーランスになれる!!っていう文言に私もつられ(笑)たのもあり、ITを学びたいと思った。でも学校だけでは、なかなか厳しい。たぶん好きな人は、どんどんやっていくから、仕事でしていなくてもフリーランスになれるのだと思う。実際、実務未経験(仕事でしていない)でもフリーランスの人はいるらしい。


それで今、私はIT業界に絞って就活している。まだ1ヶ月もたってないけど、内定2社、あと受かりそうなところが2社ある。でも私は悩んでいる。

ITエンジニアってどうなの?

求人サイトを見ると未経験可でも雇ってくれるエンジニアの求人がまぁまぁある。IT業界は人手不足と言われているのは本当なのかもしれない。そもそもITってかなり広い。授業でやったのはプログラミング。でもIT業界にはネットワーク系という部類もあり、それはパソコンの設置だったりセキュリティ対策だったりする。なので、まずそれをどちらか決める必要がある。就活をしていて、分かったことだと、ネットワーク系は、どちらかというと文系でチームワークの要素が強く、プログラミング系は理系で1人でコツコツの要素が強いらしい。ネットワーク系は深夜勤務等もあるらしい。24時間体制で見張る必要があるので、夜中の仕事もある。ただ派遣先によるので、全くない場合もある。私が受かったところは、ほぼ残業がないと言っていた。ちなみにネットワーク系もフリーランスになれるらしい。
プログラミングも色々ある。だいたい3ヶ月研修して、お客様先に常駐することが多い。3ヶ月の研修は、javaが多いように思う。それで就活していて聞いたことだけど、けっこう最初はテストとかが多いらしい。ヘルプデスクとかサポート業務から入ることが多いみたい。でもそれって、適正なければ一生ヘルプデスクやテスト?って最近思った。未経験可プログラミングで募集しているところは、実際何ヶ月くらいで、どんな業務をするのかとか、全員そうなのかとか聞いた方が良いと思う。出来る人は、すぐ大きい仕事できますよって言葉はかなり危険!じゃあ出来ない人はどうなんだろうって。。そもそも大きい会社は色んな仕事があるから、誰かは地味な仕事もする必要がある。面接で聞かれることなんだけど、IT業界って、どんなイメージ?周りにIT業界で働いている人っている?それって、つまり実は大変なこと知ってる?って聞いてるんだと思う。覚えることも多いし、実際、研修で辞めていく人も何人もいるらしい。持病ないか聞かれるのも、病気になる人多いからなんじゃないかと思う。だいたい未経験可のプログラマって、客先常駐になる。客先常駐って、全然良いウワサ聞かない。てか前の会社にいたIT系の常駐している人の働き方が大変そうだった。その人はネットワーク系だと思うけど、かなり疲れてそうだった。やばい。マイナス面が見えてしまう。でも実際、落ちるのとか、感謝した方が良い。あとから後悔するよりマシ。本気でなりたい人なら受かるだろうし。エージェントの人に、もう少し、業界研究した方が良いよと言われた。たしかになぁ。その人は、優しかったから、タメになった。かといって未経験で客先常駐以外って、あんまりない。だから、通る道なのかもしれない。


受かるところ落ちるところ

受かるところもあるけど、落ちるところもある。だいたい、そんなに採用してない会社は落ちる。まぁ私なんて、職歴もないし、すぐ辞めそうやと思われてるんだろうな。あと求人多いところもwebデザインは受からない。最近webデザインが良いなと思って、それ中心に受けていたけど、なかなか受からない。面接に来ている人が多かったから、かなり倍率は高いと思う。未経験可って書いてあるけど、実際はそれなりにスキルを持った人も応募しているし、自分なんて、まだまだスキルが足りてない。まずwebデザイン受けるならポートフォリオ送らないと、そもそもダメらしい。だから、ポートフォリオだけは作っておいた方が良い。逆に受かるところはプログラミング系かな。まぁ会社にもよるけど。IT業界で本当に働きたいと言えば大丈夫だと思う。でも受かったとしても、自分がやっていけるかも、ちゃんと考えた方が良い。あとwebデザインでも事務メインで、サポートするようなところも受かりやすいかな。基本的に、客先常駐のような、大人数募集してるところは、受かりやすい。


将来のことを考える

別にどこでも働けたらいいところなら、特に選ぶ必要はないけど、自分が明確な目標があるときは、ちゃんと面接で、それが出来るか確認した方が良いと思う。ITエンジニアで仕事を決めて、テストが多いから、転職活動している人とか多いらしい。なんか違ったが、もったいない。自分にも言い聞かせたいけど、ちゃんと質問はした方が良さそう。就活はお見合いやからな。


市場価値

自分がいくら、やりたくても、そこまでスキルがなかったら、そもそも採用もされない。私は、今こうでないといけないと思いすぎな部分もある。実際そんない上手くはいかない。最近、求人広告が怖い。あんな良いこと書いてあるのに。誰でも出来ますよ!とか。書かないでほしい(笑)未経験でも自分で作るの好きだったり、何かしら作品があると良いけど、凡人だからな。。理想を下げて、就活に励もうと思う。


就活はお見合い

この言葉は、本当にそう思う。お互いの希望により合うことが大切。だから落ちても気にすることなんてない。でも、お見合いするには、ちゃんと自分のことを理解する必要もあるし、会社のことも理解する必要がある。表面上で、合ってるかもと思うんじゃなくて、よく知ったうえで、合うか判断した方が良い。業界の人に聞くのが一番だとは思う。それと気をつけたいことは、そういう人もいますよということ。エージェント曰く、育休や有休とかは数字でどれくらいか聞いた方が良いらしい。育休制度があるといっても、取得している人がほぼいないこともあるみたい。あと給料は、ちゃんと交渉した方が良いらしい。それで今後の収入も決まるし、同じ仕事してても、面接で決めた給料が大事らしいから、十分注意した方が良い。



色々、私も無知なことがあるから、理想と現実のギャップを痛感しつつある。でも本当に、ちゃんと調べるのは大切だと思う。入ってからなんて、もっとギャップがあるし。実際、会社が嫌になる理由なんて、先輩たちが言ってることと同じことが多いから、それでも大丈夫と思えることが大切。私もそもそもフリーランス良いな、ITのスキルあったら海外に住めるかもっていう理由でITに興味もったから、実際それ以外の選択肢で、海外にいけたらどうするのか、その夢が叶わなかったら、どうするのかも考えた方が、あとあと後悔がないかもしれない。あーでも考えすぎやな(笑)だから決まらないんだ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です