1年9ヶ月海外に滞在していて、日本に帰ってきて思ったこと



1年9ヶ月、海外に滞在していて、帰ってきて数週間。日本で気付いたことを書いていきます。


日本ってキレイ
飛行機で着陸するとき、日本って、なんてキレイなんだと思いました(笑)何回か飛行機には乗っていますが、空から見る日本の夜景は今までのなかでもかなりキレイだと思いました。空気も水も汚くないです。セブでは、歩いたら足が汚くなるし、空気汚染もひどいです。


マニュアル化されている
最近、面接をしていて、日本ってマニュアル化されてることが多いなと思います。例えば面接の質問。話すというより、機械みたいに答えてるような感じがしました。決まった質問を受け答えしているような感じ。電話もそうだし、なんでも話すというより、マニュアルにそって、受け答えをしている感じがします。


人が多い
今は東京にいるのですが、本当に人が多い。会社員時代、1時間半くらい、会社に行くのに時間をかけていたのが、すごい(笑)セブとかは、10分歩くだけだったので、、家は仕事場から近い方が良いなと思います。人が本当に多い。東京は本当に世界一だと思う。電車も街も、花火なんか、とても多い。


IT
そういえば、アメリカの人と話していて、ITの言語で知らない言葉があったので、よくよく聞いてみると、新しい言語らしい。アメリカやヨーロッパは最新の技術を取り入れてるけど、アジアはその後とかが多いらしい。たしかに、海外って、とてもITが発展しているイメージ。

見た目を気にする
良いことか悪いことか分からないですが、日本に帰ってくると、化粧しないととか服装これで大丈夫かなとか気にします。ヨーロッパなど、海外はスッピンの人がけっこういます。日本にいると引き締まる思いです。格好だけでなくて、色々やらなきゃと思ってしまいます。だから窮屈に感じてしまうのかなぁ(笑)真面目を装うようになりました。

激務が減ってそう
面接を受けていて思うのですが、残業に対する配慮が昔より、あるような気がします。面接でも、そのようなことを聞かれます。働き方改革がすすんでいる印象です。



日本に帰ってくると、居心地が良すぎて海外に戻れなくなるとは、よく聞きますが、たしかになと思う部分はあります。少し歩けばコンビニがある。買いたいものもすぐ変える。たしかに何だかんだ快適です。でもまた海外に住みたいです。あの不便な生活が楽しかったです。日本にいたら、そこまで劇的な生活の変化ってないです。でも海外の生活は、けっこう違ったので、だからこそ発見することも多かったです。やっぱり行って良かったなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です