28歳が就活して思う新卒での就活で選んだ方が良かったこと



約2年程海外に行って、28歳にして、就職活動をしています。希望はIT。セブ島でIT留学をしていたものの、未経験の状態でスタートです。

未経験は厳しい

この年で未経験の就職活動をするのは、大変です。だから、新卒で就職活動するときや退職するときは、十分考えた方が良いです。新卒で就職活動する場合、その職種でスキルを伸ばし、転職したとしても他の会社でも同じ職種で働きたいか。退職して他の職種に進みたい場合は、未経験になるので、給料面などで不利になることも考慮した方が良いです。実際、私はIT業界を受けていますが、未経験なので、お給料は新卒と同じ扱いです。まだ20代なので、未経験も雇ってもらえますが、30代になると、もっと厳しくなると思います。

スキルを身に付けた方が良い

海外に行って思ったのですが、スキルを持っているのは強いなと思います。例えば資格を持っていると、20代で数年海外に行っていて、日本に帰ってきても、仕事を見つけやすいです。実際にワーホリにいる人は美容師や看護師が多いです。個人的には新卒でIT会社で働いて、スキルを身に付けたかったなと思います。

給料があがるか

新卒での額面は、さほどどの会社でも変わりません。何より大切なのは、給料が上がるかどうかだと思います。管理職にならないと給料が上がらない場合もあります。なので、何歳でどれくらいの給料をもらえるかは、確認した方が良いです。転職活動をしていて思いますが、長く働いていた方が給料は良いです。そういう意味で退職は、あまり良くないのでしょう。

ベンチャー

大手企業もベンチャー企業も良し悪しはあります。大手だと決定するのに時間がかかる。ベンチャーだと忙しいが主にあげられます。その代わり大手は福利厚生が良く、ベンチャーは若手に裁量があります。ベンチャーは裁量が多い一方、雑務も多いように思います。なので、大きいことに関われるかは、微妙なところです。大手も中小も受かって迷ってるなら、大手に行った方が良いのかなとも思います。小さい会社より、大手の方が転職しやすいからです。小さい会社でどれだけ働いたとしても、それを言葉で伝えるのって、難しい部分があります。


日本は、終身雇用型なので、同じ会社に長く働いた方が給料は良いです。 基本的に新卒では総合職という枠組みで入るので、職種を選ぶことは出来ません。でも、転職する際に、職種は重要になってくるので、希望の職種があるなら、それを伝えた方が良いでしょう。転職で、未経験の職種に就くと給料が安くなることも多いです。また海外のビザを取る際は、大学の専攻も重要になってきます。なので、将来的に海外のビザを取りたいなら、大学選びも気を付けた方が良いです。経済や経営なら、どんな職種でもいけるかもしれませんが、文学部、法学部は危ういです。


就職活動は目先のことを考えがちですが、地に足を着いて、将来のことも考えて行う方が良いです。大手ばかりが良いわけではないです。ちなみに、グローバルを売りにしている会社も多いですが、実際入ってみて、海外とは程遠い仕事をしていたなんて話もよく聞くので、事実を知った方が良いです。広告に踊らされず、周りに流されず、よく考えて就活することが一番幸せになる方法だったりします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です