フィリピン料理って、どんな感じなの?セブ留学で食べているランチ



今回はフィリピン料理について書きたいと思います。けっこう留学先の料理って大切です。毎日食べるものなので、嫌いなものばかりある国はあまり住みたくないですよね。逆に料理が美味しかったら、住みたくなります。来る前はフィリピン料理って、あまりピンとこなかったですが、来て知ったフィリピン料理について、書いていきます。

私は普段ランチをローカルフードを食べています。カレンデリアというのですが、まぁ日本では考え難い、お店です(笑)半屋台のような感じで、カウンターに料理が並んでいて、お店の人に、これちょうだいと言います。まずごはんをもらいます。そして、おかずを選びます。おかずは、何種類かあります。肉の煮込み、野菜炒めといった感じです。肉の煮込みは、しょうが風だったり、ケチャップやカレー風などあります。ただ難点は肉に骨がついてることです。一見、鶏肉に見えますが、けっこう大きい骨がついてます。日本にはない感じなので、これはフィリピン独特です。野菜炒めは八宝菜やゴーヤチャンプルー、もやし炒めなど、割と想像しやすい料理が多いです。とゆうかフィリピン料理って、割と日本食に似ているのかなと思います。だいたいいつもごはんとおかず2品を頼んで70ペソくらいです。安い。少し問題なので、まぁまぁ味付けが濃いことです。塩辛く、脂っこく、甘いです。全体的に味は濃いめです。


ローカルフードを食べてる人って、そんなにはいません。けっこうお腹を壊す人がいます。たしかにたまに味が変です。おそらく作り置きしているので、腐りかけのものがあります。私はお腹大丈夫ですが、お腹の弱い人は行かない方が良いでしょう。
ローカルフードに行ってない人はファーストフードに行ってる人がいます。言わずと知れたジョリビー、マック、バーガーキング、KFCなど。ジョリビーは本当に、どこにでもあります。一番人気だと思います。ハンバーガーやポテトなど、一般的なファーストフードと、ライス+チキンのセットがあります。ファーストフードでライスってフィリピン特有です。味はまぁまぁ美味しいです。ハンバーガーでいったら、バーガーキングの方が確実に美味しいです。
その他にもレストランはいっぱいあります。パスタやベトナムフォー、韓国料理、日本食やラーメンなど。少し高くはなりますが、あまり食べ物の心配はしなくて良いと思います。


ローカルフードは他にパンやお菓子もあります。パンは少し甘めです。安いものだと1個7ペソ、15円くらいです。バナナスイーツもたくさんあります。バナナフライや、バナナにキャラメルがついてるものなど。他にもパンケーキやフィリピン特有のお菓子が格安で売っています。そこらへんの屋台にあるので、試してみると良いでしょう。


フィリピンのものはとにかく甘いです。コーヒーの粉が一回分で売っているのですが、それがすごく甘いです。ペットボトルの紅茶やコーヒーもすごく甘いです。

ちなみに私はセブ来て、太りました(笑)

このまま何年もフィリピン料理を食べたら、身体が悪くならないか心配です。
フィリピン人の先生が日本に行ったら、味が薄すぎて、セブに戻ってきて、すぐフィリピン料理を食べに行ったらしいです。フィリピン料理に慣れすぎて、日本料理、薄く感じなければ良いのですが。


でもセブの料理は割と好きです。日本食と似ているところがあるので、食べやすいです。ローカルフードは、安くてオススメですが、汚いところが無理な人はちょっとと思うかもしれません。でも、レストランやカフェはいっぱいあるので、食べるところはあるので、安心してください。語学学校に食事が付いているところもあるので、そうゆうところを選ぶのもありです。日本料理や韓国料理もいっぱいあるので、食に困ることはないでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です