海外旅行に行く事前の注意点!航空券予約や荷物について




今回は海外旅行に行く際に注意することを書いていきたいと思います。


航空券の予約をする際は、必ず名前のチェックをする

航空券の名前間違えは、とても厳しいです。一文字スペルが違うだけで、飛行機に乗れないこともあります。パスポートを申請する際も、まずローマ字が使えるか確認した方が良いです。自分が使えると思っていたローマ字のつづりが使えないことがあります。SHOやSYOも注意する必要があるでしょう。どちらの方もいるので、友達の予約をする際は、事前に確認しましょう。


荷物の重量を確認しましょう。

航空会社によって、預け入れ荷物や手荷物の制限が違います。また区間によっても変わるので公式HP等で確認しましょう。多少オーバーしていても、許してくれるところが多いですが、LCCは、けっこう厳しいです。当日、チェックインの時に、重量がオーバーしていると高い追加料金を払う必要があります。もし事前にオーバーすることが分かっていたら、HPで追加申請しましょう。そちらの方が安くすみます。機内への持ち込み荷物は基本的に7キロ(航空会社によって違う)と、普段使ってるカバンのみです。3つも持っていたら、追加料金を払うことになります。私も、搭乗する時にサイズを確認され、5,000円払ったことがあります。サイズも重要になるので、確認しておいた方が良いです。


持ち込めないものを確認する。

機内に持ち込めないものの他に、預け入れ荷物に入れてはいけないものもあります。機内へは、液体物は決まった量までで、別に袋に入れておく必要があります。あとは刃物類が持ち込み禁止です。預け入れ荷物は、ライターやボンベなどがダメです。注意が必要なのは、モバイルバッテリーでしょう。最近ではモバイルバッテリーを持っている人が多いと思いますが、これは、預け入れ荷物にいれては、いけません。その他にも色々あるので、事前に確認しておきましょう。また機内持ち込み禁止だけでなく、入国する際に禁止のものがあります。例えばオーストラリアに、食物を持っていってはいけません。これは国によって、違うので、それぞれ確認しましょう。薬にも制限があるので、持ち込む際は確認が必要です。


座席指定をする

事前にHPで座席指定をすることが出来ます。絶対、通路側でないと嫌だとかいう方は、座席指定しておくと良いでしょう。やり方は、航空会社のHPにいき、予約管理画面を開いたら出来ます。予約番号や航空券番号が必要になります。旅行会社で予約している場合は座席指定をお願いするか、予約番号を聞いてみましょう。


マイルを貯める

飛行機に乗る際は、マイルを貯めないと勿体無いです。特にANAやJALなどLCCでないものは、カードを作って、貯めることをオススメします。またアライアンス(航空会社のグループ)が同じであれば、マイルを貯めることが出来ます。例えば、アシアナ航空に乗る時はANAのマイルを貯めることが出来ます。マイルが溜まれば、飛行機に無料で乗ることが出来ます。マイルの登録の仕方は、予約時に登録する、チェックイン時にカードを渡す、事後登録の方法があります。予約時は、航空会社で予約していれば出来ないかもしれませんが、頼んでみるのもありです。チェックイン時に渡すことが、ほとんどだと思います。ただ本当に忘れます。そういった時は多少面倒にはなりますが、事後登録も可能です。実際にマイルは、飛行機に乗らなくても、あらゆる方法で貯めることが出来ます。気になる方は調べてみてください。


携帯の設定を変える

日本で使っている携帯を海外に、そのまま持っていったら、とんでもないことになります。海外ローミングに切り替わり、莫大な費用がかかることがあります。設定しなくても、海外ローミングになるので、海外に行く際にはモバイルデータを使えなくしましょう。基本的には機内モードにすれば、大丈夫です。ふとした時に機内モードが解除されることがあるので、念のためにSIMカードを抜いておいた方が良いかもしれないです。海外では、モバイルWi-Fiを持っていく方が多いと思いますが、SIMカードの方が多少面倒ですが、かなり安く済みます。


少し違うだけで、せっかくの旅行が台無しになることがあるので、旅行に行く前には、十分注意しましょう。


コメント