実は穴場!?オーストラリアのワーホリでハウスキーピングの体験談




私はオーストラリアのシドニーでハウスキーピングの仕事をしていました。ハウスキーピングとして働いていたのは半年間です。今回は、その体験談を書いていきたいと思います。

オーストラリアにワーホリに行って、一番考えるのが仕事のことでしょう。ジャパレス(日本食レストラン)は給料が安いし、日本人環境だから、英語が伸びない。多くの人はジャパレスで働きたくないと思っているはずです。かといってローカルジョブは英語力が必要だから、見つけるのが難しいです。
でもハウスキーピングは、ローカルジョブなので、給料も法律通りもらえるし、外国人環境なので、オススメです。


どこで見つけたのか

私はオーストラリアでは、稼ぐという目的があったので、早く仕事に就きたいと思っていました。なので、レジュメを頑張って配って仕事を見つけるとゆうことはしていないです。インターネットの日本の求人サイトで仕事を探していました。見たことある方は分かるかもしれませんが、ほぼ、ジャパレスの求人です。たまにハウスキーピングを見つけるかもしれません。でもハウスキーピングの求人は、エージェントを通すのが、ほとんどです。私も最初はエージェントを通すのは、嫌だなと思っていたのですが、早く仕事に就きたかったので、良いかと思いエージェントに払いました。時期にもよりますが、だいたい一週間くらいで稼げる料金です。私は優良のハウスキーピングだったのですか、なかには悪徳なものもあります。悪徳のものは数時間分の時給しかもらえないですが、掃除するところが多く何時間もかかることがあるらしいです。結果すぐ辞めていく人が多いみたいです。優良のものだと、ある程度の英語力は必要です。

エージェントにお金を払ったら、ハウスキーピングの派遣会社を紹介してもらいます。そこに面接に行きます。派遣会社は、完全オージーの会社です。そこで、必要事項の記入、軽い体力測定、面接を行います。英語のみだったので、まぁまぁきつかったです(笑)でも、なんとかなります。

面接が受かったら(ほぼ受かります)、メールが来て、掃除の説明のレジュメを見ます。
初日の出勤日とホテルの場所を教えてもらうので、自分で行きます。


どんな仕事をするの?

私はシドニーの中心のビジネスホテルでした。はじめは、先輩社員に教えてもらいます。3日間だけ2人で行い、それからは1人で掃除することになります。トロリーに必要なものを詰め込んで、割り当てられた部屋を周ります。基本的に部屋全体の掃除をします。ベッドメイキング、シャワーやトイレの掃除、掃除機等です。一番思ったのが、ハウスキーピングって意外と体力勝負なことです。ベッドを移動したり、掃除機をかけるのは力がいります。トロリーを移動するのも重いです。けっこうすぐに辞めていく人も居ます。私は、お金が必要だったので、続けました。


お給料は?

最低賃金ギリギリです。平日は18.91AUD、土曜23.09AUD、日曜33.09AUDでした。マイナスTAXです。昔はTAXリターンがあったので税金が引かれても返ってきましたが、私が行く少し前に法律が変わり、ワーホリの人は15%のTAXをひかれるようになりました。なので、平日の時給は16AUDくらいです。でも見て分かる通り、日曜日が、とても良いです。平日が、だいたい100AUDに対して、日曜日は200AUDくらい稼げましたね。ただ日曜日は誰でも入れる訳ではないです。はじめのうちは入れてもらえないことがほとんどです。日曜日だけ、仕事に来て、平日休むおじさんが居ましたけど(笑)日曜日に入ってる人は、だいたいベテランの人でした。ただ人が足りなくなったり、部屋数が多い時は、入れてもらってました。私はけっこう気に入られていたので、日曜日に仕事いれてもらってました。時給換算なのですが、部屋数によって給料が決まります。一時間に目安の部屋数が決まっていて、それにより給料が決まります。まぁ良心的な設定だとは思います。決められた時間内に出来なくもないです。ただけっこう急がないといけません。


どんな人が働いているのか

日本人は私1人だけでした。って言ってもオージーは、あまりいません。ほとんどアジア人です。スーパーバイザーはフィリピン人のおばちゃんでした。東南アジアの人が多くて、インドネシアやインド、ネパールの方がいました。ハウスキーピングとは別に、男性スタッフで似たような仕事をしていたのですが、それもアジアの人が多かったです。年齢層は同じくらいの子もいれば、おばちゃんもいました。若い人はインド人の学生が多かったです。おばさんたちは何年もオーストラリアに住んでいる方です。ちゃんと出来てないと言ってくる、おばさんもまぁまぁ居ましたが(笑)みんな優しかったです。お菓子をくれたり、手伝ってくれたりしました。オーストラリア人と関わることは、そんなになかったですが、これはこれで、すごく良い体験になりました。同僚の人たちはみんな明るくて優しくて、良かったです。


働く前は、めちゃくちゃ汚いことを予想していましたが、そうでもないです。とゆうか部屋によります。ビジネスホテルなので、1人で泊まっている方も多いので、そういった部屋は綺麗でした。逆に大人数で泊まっている部屋は汚いです。それとチェックアウトした部屋と延泊の部屋、両方を掃除するのですが、チェックアウトした部屋は大変です。全て、キチンとしなければなりません。でも延泊の方は、一部なので楽です。チェックアウトの部屋が多いときは、最悪です。

そんな感じで私は半年で100万円以上は稼ぎました。ハウスキーピングは肉体労働なので大変だと思うこともありましたが、出来ないレベルではないです。何より外国人環境なので、オススメです。オーストラリアで仕事探しに迷ったら、ハウスキーピングもありなのでは。




コメント