オーストラリアのワーホリでしっかり英語を伸ばすためにするべきオススメの方法




今回はオーストラリアのワーホリで英語を伸ばす方法を書いていきます。

私はセブ島留学後、ヨーロッパに行き、日本出発後3ヶ月半後にオーストラリアに行きました。オーストラリアに着いたときに思ったのは、英語がまぁ聞きとれない(笑)ある程度の会話は、それまで出来ましたが、オーストラリアはネイティヴなので早いし、独特のなまりがあって、すごく聞きづらかったです。

ワーホリって、一年行っただけで、すごい英語がペラペラになるイメージがありました。おそらく、私だけでなく、多くの人が思っているでしょう。でも意外と、そこまで上達しない人が多いです。もちろんペラペラになる人はいると思いますが、本気で英語を上達したいと思わなければ、たぶん厳しいです。
実際、私がハウスキーピングで働いていた同僚は7年以上、オーストラリアに住んでいましたが、話せませんでした。しかも1人だけでなく、何人も居ました。オーストラリアって、移民の国なので、自分以外にも同じ国の人がたくさんいます。日本人でいえば、日本人が経営しているレストランが多いので、英語が話せなくても生活していけます。


事前に英語を学んでおくべき

まず英語上達のためにも、仕事をする前に、ある程度の英語の基礎はつけておくべきたと思います。日本で独学、フィリピン留学、オーストラリアで語学学校に通うなど、色々方法はあります。
けっこう、オーストラリアで語学学校に通っている人は話せるように思います。何よりオージーイングリッシュに慣れます。私はフィリピンでは、けっこう聞きとれてると思っていましたが、オーストラリアに行くと、難しかったです。数ヶ月、セブ島に行ったあと、オーストラリアの語学学校に通うのもありです。仕事をしだすと、あまり英語を勉強する時間がないので、ある程度の基礎を付けてから、ワーホリに行くことをオススメします。仕事選びは英語上達には大切なことです。まずオーストラリアに学生ビザで行って、ワーホリに切り替えるのもありです。そうすることで一年以上、オーストラリアで生活することが出来ます。


家選びと仕事選び

出来れば外国人環境の方が良いでしょう。シェアハウスは韓国人と日本人のところが、かなり多いです。街の中心より少し郊外の方が、色んな国の人がいるような気がします。日本のサイトよりgumtreeで探す方が、多国籍です。またローカルジョブに就いてる人は、レジュメを配ったと聞きます。直接、自分で、店を周って履歴書を配る方法です。仕事探しに1ヶ月以上かかったという話も聞きますが、働けたら給料も良いし、外国人環境なので、一石二鳥です。


無料の英会話レッスンに参加する

RSAといって、お酒の取扱いの試験を受けに行ったときに、教会で無料の英会話レッスンがあると聞きました。何件かやってるところがあるみたいです。参加している人は南米やアジア、かなり多国籍でした。人数もかなり多く100人はいたのではないかと思います。コースも初心者向け、中級者向けなど、色々別れていました。そこの教会は無理な宗教の勧誘はされなかったですが、場所によっては勧誘されるところもあるらしいです。私はlazyなので、一回しか行ってないですが(笑)


meet upに行ってみる

シドニーだと何個か日本人のmeet upがあります。それに行ってみるのもありです。何より友達が出来るのが良いです。一度、街で、おじさんに英語のレッスンを誘われて怪しいと思って調べてみたらmeet upでした。それは、かなり大規模でやっていて、ホテルのバーを貸し切っていました。日曜日の昼間にやっていて、オージーも多いのでオススメです。普段、オージーと関わることは、ほとんどないので、meet upは行ってみるのもありです。


一番思うことは、英語の勉強をもっとしてから行けば良かったということです。workaway(詳細は他のページで書いています)は、欧米人しかいないので、けっこう大変でした。行けばなんとかなるという考え方もありますが、基礎があった方が良いと思います(笑)慣れない環境で疲れるし、相手も気を使います。英語を話せない人に、ちゃんと説明することは、割と労力がいります。学校って、費用が高いと思いますが、その後の生活を考えると役に立ちます。金銭面できつい人は、オンライン英会話をオススメします。月5,000円なので、気軽に始められます。

英語を学ぶには日本人環境は良くないと思いがちですが、それもメリットはあります。情報は日本人からの方が得やすいし、外国人の友達を紹介してくれることもあります。慣れない海外生活なので、時には日本人の手を借りることも大切でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です