ワーホリ行くならどの国がオススメか!?




ワーホリに行くなら、どこの国に行こうか考える人も多いと思います。私も行く前はどこに行こうか考えました。ワーホリで有名なのは、オーストラリア、カナダですが、他にも選択肢はいっぱいあります。基本的に英語圏に行く人が多いですね。ワーホリで行ける英語圏の国はオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アイルランド、(イギリス)です。イギリスはワーホリではなくて、YMSというのですか、審査は厳しいですが2年いることが出来ます。申請期間も一年のうち、たった一週間。倍率もかなり高く、狭き門となります。
英語圏以外であれば、フランス、ドイツ、スペインなどのヨーロッパ圏や台湾、香港などのアジア圏、チリなどの南米といったように行ける国は、かなり豊富です。他の国に行くのもありです。
でもやっぱり英語を習得したい方が多く、結局英語圏に行くことが多いです。私も色々調べて結局オーストラリアにしました。



オーストラリア
オーストラリアは仕事が比較的多く、給料も良いです。また日本人が多いので、情報も得やすいです。あと私は寒いところが苦手なので、温かいオーストラリアを選びました。



カナダ
オーストラリアに来ている人はカナダに行っていた人も多く、情報を聞くのですが、カナダは給料額ではオーストラリアより低く感じますが、チップがもらえるから、けっこうお金が入るみたいです。また賃貸も安いので、金銭面では、それほど差はないのかもしれません。カナダも昔行ったことあるのですが、すごいキレイです。またカナダ人はフレンドリーだとみんな言っていました。バンクーバー辺りは、日本とそこまで気候は変わらないですが、場所によっては、寒暖差が激しいところがあります。



ニュージーランド
ニュージーランドもワーホリの人気の国で、日本人もたくさん行っています。気候はオーストラリアより、涼しいです。給料はオーストラリアより少し安いくらいで、それなりには稼げるようです。小さい島国なので、輸入品が多いらしく、物価が少し高めです。でも自然が、とてもキレイなので、一回行ってみるのもありですね。あと永住権は、オーストラリアやカナダと比べて取得しやすいと思います。



アイルランド
あまり行っている日本人は多くないですが、アイルランドという選択肢もあります。私もヨーロッパに行っていたので、アイルランドも考えました。ただ仕事の心配があったので、やめました。国全体的に就職難らしく、給料も、すごい良いわけではないです。ただ、外国人環境なので、英語は伸びやすいでしょう。

オーストラリアは全く英語が分からなくても生活出来ます。初めての海外という人にも安心です。自分で、どんどん開拓していくことも出来るので、英語を伸ばしていくことも可能です。働く場所も多いし、人も多いので選択肢は多いです。ただ、やはり英語環境にならない場合も多いです。語学学校は基本的に韓国、台湾、南米系の人が多いです。他の国からもワーホリに来ている人が多いので、場合によっては、色んな国の人と知り合いになれます。



オーストラリアのどの都市が良いのか
海や暑いところが好きな人はオーストラリアは特にオススメです。
ただ場所によって気候が、かなり異なります。私は1月中旬にシドニーに行きました。着いた当初は、40度くらいまで上がり、かなり暑かったです。2月くらいから、徐々に冷え始め、その後はけっこう寒かったです。特に朝は寒く、厚手のジャケットは必要です。オーストラリア=年中真夏のイメージだったので、驚きました。
第二の都市メルボルンはもっと寒いです。四季があるような感じです。でもメルボルンはキレイな街並みで、住んでいた人は、みんな良いところだと言っていました。日本人もけっこう行くゴールドコーストやブリスベンは冬もそこまで寒くならず、年間通して温かく過ごせます。ブリスベンは第三の都市なので、ビルが立ち並び、ゴールドコーストは、サーファーズパラダイスが有名で、観光地です。
あと観光客が多い、ケアンズに行く人もいます。ケアンズは年間通して、ずっと夏のような気候です。かなり自然なところで、ビル等はほぼないです。北側に位置し、雰囲気もアボリジニのような感じです。近くに有名なグレートバリアリーフというビーチがあります。ただ海は危険なので遊泳禁止のところが多いです。ダイビングをやる人も多いらしいので、自然を楽しみたい方は良いかもしれません。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です